本文へスキップ

進学希望の皆さんへ


 現在、申し訳ないですが、学生さんの受け入れを中断しています。

 海洋物理学の研究をするためには、海洋物理学及び関連分野をしっかり勉強することが大事です。そのため、学生さんには先ず、柏キャンパスの海洋物理学部門の仲間の中でしっかり勉強して貰っています。そして、普段は(論文の提出前などの時以外は)私と1〜2週間に1回くらいの頻度で対面ディスカッションをします。

 そうした事情で、一度に多くの学生さんを受け入れることが難しいため、現在は学生さんの受け入れを中断しています。私の研究室を希望する学生さんは、この注釈文が消えているときに私に連絡をください。


 アドバイスなどを受けたい人は、いつでもメールをどうぞ。


研究課題と進め方

 海水の流れや、流れによって運ばれる様々な物質の循環像、を調べることを課題としています。

 研究課題や方法は皆さんの希望や適性にあわせて決めます。【観測データの解析】と【数値実験】を組み合わせることなどが出来ます(組み合わせなくても出来ます)。

所属と大学院入試

 私は、大学院新領域創成科学研究科 自然環境学専攻で、大学院生の教育を担当しています。進学方法については大気海洋研究所の進学希望者向けページを参照して下さい。

推薦図書

【修士課程に入学前に目を通して欲しい本】
 次のような本を大学図書館や書店などで探して目を通してみて下さい。このようなことに興味がある人を歓迎します。
・「海洋の波と流れの科学」宇野木早苗・久保田雅久、東海大学出版会
・「もういちど読む数研の高校地学」の第3編(地球の大気と海洋)、数研出版

 また、次のような本に書いてあることを概ね勉強しておいて下さい(違う本でも構いません)。
・「物理入門コース 力学」戸田盛和、岩波書店
・「物理入門コース 弾性体と流体」恒藤敏彦、岩波書店

【大学院入学後の勉強のために】
 推薦図書リスト

田中 潔 研究室

<大槌町研究施設>
TEL: 0193-42-5611

<柏キャンパス>
TEL: 04-7136-6405

Email: ktanaka@aori.u-tokyo.ac.jp

Copyright©Kiyoshi TANAKA all rights reserved.

copyright©2015 Kiyoshi TANAKA all rights reserved.